2019年1月3日 下水配管洗浄

ご依頼内容 : お店(飲食店)の下水配管が詰まってしまい、床の排水溝から汚水が溢れてしまった。
ご依頼地  : 群馬県高崎市
対応    : 訪問
        ① 一昨年洗浄後の再清掃依頼。
        ② 実は今回の依頼に対して12月30日配管洗浄に伺ったのですが、営業時間の都合で完全な詰まりが解消できずの再トライです。

          解消できなかった理由は、配管経路の途中に蛇腹ホースが刺さっており、その先が洗浄できなかったためです。
        ③ 本日の再トライにて、蛇腹ホース撤去の上、洗浄再開。

          配管洗浄は、エンジン付きの動力噴霧機 丸山製作所製 GS13EBR  と ステンレスワイヤーブレード 洗管ホース NH05SUZU15

          を使用して、200Lタンクにお湯を張り、屋外マンホールから実施しました。

          洗管ホース NH05SUZU15の先端は、スズランノズルといわれる形状で、配管の曲がりを容易に乗り上げていく構造となっています。

        ④ 圧力は5MPa 配管長12m、配管内90°曲がり2箇所 VU75-3m、以降VU50です。
        ⑤ パイプ内部は油粘土、一部石灰化した固形状と成っており、温水圧で洗管ホース先端を前後させながら粉砕、熔解させながら、徐々に進めて行きます。

        ⑥ 配管経路が長いのと詰まりが酷いのとで、ノズルの進みに時間を要しましたが約2時間で貫通。
         
        ⑦ 通水確認の上、作業完了と成りました。

原因    : 排水パイプ途中に奥まで刺さった蛇腹ホースが排水経路を塞ぐ形と成り、床排水溝からの溢れを加速させてしまった。

        対象の蛇腹ホースは上流でどこにも刺さっていなかったため、全くの不要品であった。

        
追加報告  : 特に不要な配管が無いか確認。

        蛇腹ホースを刺す様な場合、アキレスジョイントを用い、配管合流ポイントの手前までの差込みとすべき事。

        大家さんにグリーストラップの設置、配管径拡張工事の勧め。

        配管洗浄の定期的実施依頼。

        

【電話】080-5495-4789
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】渋川市を中心に群馬県内・群馬県近郊で活動しています!


一覧ページに戻る